スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←古老ロック感謝・若新ロック歓迎 →秋の枯れ草花の処理,やっと完了
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png 私の歳時記
もくじ  3kaku_s_L.png あれこれ雑感
もくじ  3kaku_s_L.png 食べ物
もくじ  3kaku_s_L.png 栽培物
もくじ  3kaku_s_L.png パソコン変調
もくじ  3kaku_s_L.png 書道
もくじ  3kaku_s_L.png 笑える話
もくじ  3kaku_s_L.png 私のこと
総もくじ  3kaku_s_L.png 佳き友
もくじ  3kaku_s_L.png 手作り工作
もくじ  3kaku_s_L.png 災害
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png mibunnrui
もくじ  3kaku_s_L.png 甥の子達
もくじ  3kaku_s_L.png oinokotati
もくじ  3kaku_s_L.png maiburogu
  • 【古老ロック感謝・若新ロック歓迎】へ
  • 【秋の枯れ草花の処理,やっと完了】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

私の歳時記

田植え稲刈り今昔回想

 ←古老ロック感謝・若新ロック歓迎 →秋の枯れ草花の処理,やっと完了
 今年は稲の刈り入れ時に台風の襲来と重なったけれど,
誰に気兼ねもなく,我が家では刈ってしまおうか,
もう少し待とうかと 案じつつ,お天気続きを
喜びながら,機械と車の操作ができる甥と,息子が
お勤めの合間を縫って,2人であっという間に,5反あまりの稲を
1度も雨に濡らすことなく,運良く稲刈り,脱穀,乾燥, 
籾すり,米選,玄米30kg計量し袋入れ,倉庫に積袋完了。 
 imageCA3JAVQO.jpg 

年ごとに,若い人の農業離れが進んで
放置した荒れ田が増えないように,農協が借り入れたり,
大型機械を持っている人に頼んだり,田んぼが
ありながら,お金を出してお米を買うと言った
状況になりつつあります。

私が嫁いできた頃は,戦後4年目のまだ食糧の不自由な時,
我が家は夫,私,夫養母,夫の実母,(養母と実母は姉妹)の 4人家族で,
夫の実母が戦争で罹災し大阪から引き上げ同居していました。
『田んぼのことはしなくていい。ご飯だけ作って貰えればいい』 と
言う条件でお嫁に来ました。
1年目は父母が来てくれたので,家でご飯作りをしましたが
,2年目からは手差しや脚絆を作っておいて
田植えは,実習済みでしたからから,
みんなと一緒に作業しようとの考えを実行しました。
農地改革の時で,戦時中に預けた田んぼは,小作さんの田圃に
なるというので,  本家の小父が
自殺したくらい悲喜こもごもの年でした。
 
我が家は2人の小作さんにお願いしていた 田んぼが
当時,2反,1反3畝,9畝,8畝,6畝,6畝,3畝で 合計6反5畝の中の
1反3畝,6畝,9畝,3畝,合計3反1畝が積極的に返って来て
少し嬉しさと,戸惑いの4人でした。

なぜならば,夫26歳(国家公務員),私22歳(地方公務員)長男9ヶ月,
身体の小さい義母達(54歳,63歳)で殆ど田んぼの仕事が
出来ない人ばかりだったのですが,
有り難い事と受け止め,
祖先からの 田畑を守っていくために,
手伝い人を頼もう, 逐次,道具も買い足たそうと決めて,
帰宅後,休日に頑張ることにしました。

道具が無いと言うことは,人間が動くしか有りません 。
結局 何をするにもがっちりした体格と頑張る気持ちが20歳代の私を
奮い立たせてくれました。

広い田んぼでお昼を迎えるのは本当に楽しい気持ちなので
家にある物で心を込めて食事を作りました。

お盆,茶碗,箸,コップ,ナイフ,皿,お茶・・ハブ茶
おひつ 1升炊飯
,おかず・・・ 里芋の煮転がしまたは,お煮しめ,塩焼き魚、ゆで卵,
のり,昆布,梅干し,沢庵の味噌漬け,その他
おやつは,蒸しさつまいも,富有柿, 蜜柑

車輪が大きく安定して強靱な保護柵付きの,乳母車に
歩けない長男と,昼食他の食料品を載せて田んぼ迄 連れて行き,
 安心して子どものこと見守りながら 作業が出来ましたよ
 
非農家で育った私は戦時中出征兵士の家へ
田植えと稲刈りの手伝いに行った経験があるから大丈夫と
高をくくっていました。 大変な労力でした。
米という字は八十八回も手を掛けないとお米が 出来ないと
言うことを体験しました。

もう昔ね。でも,お米作りのこと体験者ですから残しておきましょう 。
苗代作り・・草取り,鍬で耕す,畝を作る,細かく砕く,
籾を蒔く。焼きすくもを掛ける・
雀につつかれないように見張り,水管理をする
田植え準備・・・牛に碾いて貰う 水を張ったら水漏れをしいように畦を作る。
・乾かないようにいつも水を張っておく。
又,牛にレーキのようなマンガを引っ張らせ泥土を細かく平にする。
田植えの前にもう1度泥土を平にして翌日田植えをする。
田植えの時は水を入れすぎないようにしないと苗が流れる。

田んぼの両端で綱引き人が鉄杭枠に巻かれた2本の,田植え綱を引っ張って
鉄杭枠を立て,2人組になり,田植え人は手前の綱の赤印 に苗を刺し
左右に分かれて隣の人と会うところまで植えていき,前の綱に渡る。
みんな前の綱に渡り終えると綱引き人が済んだ綱を後へ交わす。
これを終わりまで繰り返すので休む間が無いし,
余り遅いと相手に迷惑がかかるので懸命にうえる。

稲刈り一つとってみても私が15株刈る間の義母は3株丁寧に刈った後
株の元を丁寧に揃えていました。 慣れない人には難しい?
私も戦時中開墾と,田植え,稲刈りの勤労奉仕で経験しただけだった
けれど役に立ちました。  知らないことばかりで,
農業の大変さを経験しました。
大人稲刈り
imageCARGWN2B.jpg 

苗代作り,早苗取り,田植え,水の管理,除草の機械押し
稲刈り進んで 発動機脱穀,発動機のベルト付き籾すり機を使って
玄米にして保有米と 農協へ供出米の俵作り・・・その他・・まだまだ 
懐かしい! 機械化前の農業は力が,あってこそ 楽しかったワ

稲刈り手作業
  1日,1株ずつ手で刈る。 天気が良ければ暫く乾燥する
2日,藁で12株ずつ大束にする。この夜雨が降ったら
晴れの日に1束ずつ裏返して 天日に干す
 3日,1人12束位を運んで稻木へ掛けて干す。・・・・                  
        4日,家事の都合やお天気のいい日に,田んぼで稲こぎをする。
         掛け木に干していた稻束を外して脱穀機のそ傍へ運ぶ
          脱穀機は,脚踏みゴーリン。ゴーリン,ゴーリン,ゴーリン・
ゴーリーン 勢力落ち加勢を何度も繰り返す 
       ゴーリン,ゴーリン,ゴーリン ゴーリンゴーリン ゴーリン 
           女,子ども達は籾が,60kgも入るインド袋を積んだ荷車の,
          後押しを して家まで持ち帰る手伝いを 終わるまでした。
        5日,  脱穀した稻藁を後で藁グロにしたり,10ずつ立てて干した後
       荷車に積んで家に持ち帰り長屋の二階に収納した
     その他の雑用がいっぱいありましたが,これが当
思って,同じ事を毎年繰り返していた。 ・・

子ども達も長男小5,長女小2,次女幼(少)に恵まれて
子どもなりによく手伝ってくれていた頃
,テレビを購入で,コマーシャル コンちゃんのミゼットほい!から
始まって 新々の農機具を,目にするようになり,
勤めの傍ら田んぼをしなければならない夫のために効率的な
農機具購入を計画しました。 


その後発動機の稲こぎ機が入り,
むしろ1枚に1斗ずつつ,さらさらになる まで籾天日干しの
出し入れから 進んで,石油温風乾燥機 , 籾自動乾燥機 迄揃えました
 平成6年夫死去の後,息子が見よう見まねで
無農薬の米作りに 取りくむため,少人数でも抵抗なく
出来るように 年次的に需要農機具の設置に努め 代表的な器具
その他がやっと完備出来ました。

自動籾すり機,自動米選別機 玄米自動計量機 ,
徒歩用2条植え田植機故障後,4条田植え機乗車用購入 ほか
一連の機械その他付属品を整備しました,
今後,車の運転できる男性が2人いれば,作業順調に出来る事が判明。

今の苗代作りは,
籾種の卵塩水選・沈んでいる籾を種子に使う・・
播種箱に土に変わる播種床を100枚購入,苗箱入れて積んでおく。
播種床は籾苗と供に植え込む。

電動播種機のコンベアーに載せた播種箱に撒水,
次に籾, 次に覆う土,1床ずつ完全に通過撒水したら100床入りの
播種床の棚にいれ防水カバーで温床にする。
5cm位発芽したら地面に並べて
防雀の網を掛け,毎日午前午後水道でたっぷりと
撒水して発芽を揃える。

籾の選別,播種,育苗,耕運,田植え水管理,
稲刈り,脱穀, 運搬,乾燥, 籾すり,
玄米選別,30kg計量,袋詰め,口締め,倉庫に積袋 
代表的な物
    電動籾播種機・・・最初は買い求めた苗土を基準線まで
                    苗床に入れて重ねていたが,苗箱に合った
                 軽い苗床が,発案され以後毎回発注。
                 出来上がりが 取れなくても投下しない。
          
   手押し稲刈り機・・紐でくくって転がる,,,一人だけ忙しい x
手押し田植機・・・1条植え1台では一人だけ忙しい x
      手押しトラクター・・畑を鍬で土越ししなくてもいいが,田んぼは
      歩くことで疲れるだろう  x
     籾乾燥機2台目購入・・・・石油温風乾燥機・・籾収納が手間
     自動籾すり機購入・・・・・自動30キロ計量秤購入        
      自動米選機購入・・保有米なので米選機から落とす米が多い  
       乗るトラクター3台目購入・・畑も深耕できて栽培物の出来上々 
  コンバイン,2台目購入・・・・・・・籾投入袋へ自動投入
          軽四用籾運送容器具,蛇腹ホース・・・・,籾乾燥機へ自動搬入・ 
     田んぼの畦草刈り機・本年度購入 ・・極めて綺麗に刈れる
今年の猛暑の中,息子から,
『畦草を刈りに行っていた』とよく聞きました
左右に動かして刈る草刈り機は刈り残しがあれば,
何度でも往復しなければ成りません。
2度ほど使ったらしいです。刈り心地を聞きますと,
『いいよ綺麗に刈れた』そうです
 
我が家は農地を守ってきただけ安心して無農薬の
岡山米『朝日』を食べることが出来ています
お米が自由化されたけれど,我が家3人,友達,娘,孫,甥家族達が
喜んで食べていますが,大きな農機具が壊れて直らなくなると,
息子や甥達の健康とにらみ合わせて
耕作範囲を縮小してあるいは思いきって止めるなど
して欲しいと思います。
 
周りを見渡しても,みんな男手が無く,後継者が
外へ出ている家がたくさんあります。
我が家でも,孫息子は機械化された農業で余り手伝いを
せずに済みましたから,今後は不明です。
地域全体,年々高齢化し活力が減少してきています 。

私も人並みな後期高齢者。弱い高血圧,弱い糖尿など発見
したので 共存して, 生ある中は
今の状態を維持して
やりたいことを 続けていきたいと思います。
84歳まだまだ元気のつもりです。


 


スポンサーサイト


もくじ  3kaku_s_L.png 私の歳時記
もくじ  3kaku_s_L.png あれこれ雑感
もくじ  3kaku_s_L.png 食べ物
もくじ  3kaku_s_L.png 栽培物
もくじ  3kaku_s_L.png パソコン変調
もくじ  3kaku_s_L.png 書道
もくじ  3kaku_s_L.png 笑える話
もくじ  3kaku_s_L.png 私のこと
総もくじ  3kaku_s_L.png 佳き友
もくじ  3kaku_s_L.png 手作り工作
もくじ  3kaku_s_L.png 災害
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png mibunnrui
もくじ  3kaku_s_L.png 甥の子達
もくじ  3kaku_s_L.png oinokotati
もくじ  3kaku_s_L.png maiburogu
  • 【古老ロック感謝・若新ロック歓迎】へ
  • 【秋の枯れ草花の処理,やっと完了】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【古老ロック感謝・若新ロック歓迎】へ
  • 【秋の枯れ草花の処理,やっと完了】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。